もう忘れない!!リマインダーの賢い使い方

iPhone に標準搭載されている「リマインダー」。
意外と利用されないアプリですが、実はとっても便利!

メモのようにも使えるアプリですが、これにカレンダー(日時)や場所といった要素を取り込んだ賢いアプリなのです。

ここでは、リマインダーとカレンダーやメモとの違い、実際の利用方法から便利な使い方まで、詳しくお伝えします。

ビジネスだけでなく、お買い物にも重宝なアプリですよ!

「リマインダー」と「カレンダー」「メモ」の違い

「リマインダー」とは、“やらなきゃいけないこと”“忘れてはいけないこと”を登録しておく“To Doリスト”を作るアプリです。

「メモみたいだし、期限があるならiPhoneの“カレンダー”や手帳に書き込んでおけば?」と思うかもしれません。

確かに、1回限りの飲み会や仕事の予定などは手帳でも問題ありませんし、「カレンダー」でも通知してくれますね。
また、リストを作るなら、メモを取っておくだけでも良いかもしれません。

でも、隔週の資源ゴミや毎月の家賃の振り込みのように定期的なものを「カレンダー」に書き込むのは面倒ですし、車のオイル交換・ヘアサロンの予約など長期的に繰り返す予定はメモしておいても忘れがちです。

「リマインダー」はこういったリストを簡単に設定できるほかに、便利な機能が満載なんです。
後述しますが、「このお店に行ったら買いたい物」などを登録しておくと、そのお店に行ったときに通知されるように設定することもできるんです。

使い始めると手放せないアプリと言えるでしょう。

作成してみよう!

では、リマインダーを開いてリストを作成してみましょう。
予め“リマインダー”というリストも用意されていますが、ここでは新規作成の手順を説明します。

  • リストの一覧画面で、右上の「+」(なければ画面を下にスワイプ)をタップします。
  • メニューが表示されるで、「リスト」を選択します。
  • “新規リスト”の部分に作成したいリストの名前(例:買い物)を入力します。文字色を選べるので、リストの重要度などにあわせて変えると良いでしょう。
  • 「完了」をタップすると空のリスト画面になります。「+」をタップすると入力可能になるので、リストの中身(=リマインダー)を作成していきましょう(例:柔軟剤)。完了をタップすると、次の項目に移動します。
  • すべて入力し終わったら、右上の「完了」をタップして完成です。

リマインダーの一覧画面からリストの選択画面に戻りたいときは、下部をタップするか下にフリックします。

便利な機能

リマインダーの基本的な作成方法は前述の通りですが、これにいろんな設定を加えるだけで“超”便利なものに早変わりします。
次のような設定ができますので、必要なものをプラスしてくださいね。

日時指定で通知してくれる

各リスト画面でリマインダーを記入すると、右端に「i」マークが表示されます。これをタップして、「指定日時で通知」をオンにすると、「アラーム」が表示されます。

「アラーム」で日時を設定すれば、その時間にロック画面に通知が表示されます。
嬉しいのは、リマインダーの左にある「○」をタップするか、ロック画面の通知を“実行済み”にするまで、何度でも繰り返し通知してくれる点です。
これなら絶対忘れません!!

場所指定で通知してくれる

「リマインダー」では、日時だけでなくGPS情報と連動して「指定場所」に到着したときに通知するように設定することができます。
これが「カレンダー」とは大きく異なる点です。

例えば、たまにしか行かないホームセンターで買いたいものがあっても、行ったときに思い出せないかもしれません。「コンビニに行ったらATMを利用したい」という場合もありますね。

「リマインダー」を利用すれば、その場に行ったときに知らせてくれるので、「せっかく行ったのに」となることもありません。

前項と同じ「i」をタップすると「指定場所で通知」のスイッチがありますので、これをオンにします。
すると、「場所」が表示されるのでタップして、通知してほしい場所の住所や検索をして登録すればOKです。

ただし、GPS情報を利用するため、バッテリーの消耗が早まる場合もあります。

繰り返し通知してくれる

前述の「指定日時で通知」をオンにすると、「アラーム」の下に「繰り返し」が表示されます。これをタップすると、毎日・毎週などを選択でき、その間隔での通知が可能です。

さらに、下部の「カスタム」を使えば、詳細な設定もできます。
例えば「毎週」を選択したうえで「カスタム」をタップすると曜日を、「毎年」を選択しておくと何月かを指定できます。

もっと細かく、例えば3日ごとに繰り返したいリマインダーがあるなら、「毎日」を選択して「カスタム」を開き、「繰り返しの頻度」を3日で設定すれば通知が可能ですよ。

時間別に確認できる

いくつも予定があると、どれを優先的に処理していけば良いかわからなくなる時がありませんか?

こんな時に便利なのが、デフォルトで用意されている「時間指定」というリストです。

「時間指定」では、日時が指定されているリマインダーのうち、指定日が近い順から表示されます。
期日が迫っているものが何なのか、一覧で確認することができ、便利ですよ。

リストを共有できる

仕事仲間や友人など、グループで把握しておきたいリストもありますよね。
iPhoneの利用者同士なら、リストを簡単に共有することができます。

作成済みのリストの「編集」をタップすると「共有」が表示されます。これを選択し、「参加者を追加」をタップし、追加したい相手(複数可)のメールアドレスを選べばOKです。最後に「追加」をおすと、相手にリマインダーへの参加通知が送られます。
相手には参加の手順も示されるので、簡単に共有することができますよ。

また、iCloudを利用して「ファミリー共有」の設定をしていると、自動で「Family」というリストが作成され、家族と共有することができます。

「カレンダー」とは別の使い方ができる「リマインダー」は隠れた便利アプリです。
iCloudで同期できるので、パソコンからの確認・編集もできますよ。
ぜひ使い倒してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA