海もプールもお風呂でも!iPhoneをジップロックで防水する方法

肌身離さず持ち歩きたい、便利なiPhone 。暇つぶしにも欠かせない存在です。

でも、お風呂やプール・海などの水がかかりそうな所にiPhone を持っていくのは、不安ですよね。

そんな時に活用できるのが、キッチンで利用している“ジップロック”です。

ここでは入浴時やレジャーでの防水対策に使える“ジップロック”の利用法を紹介します。

「水没しなければ安全」はウソ

健康と美容に欠かせないお風呂。
特に半身浴のときは入浴時間が長くなるので、暇を持て余すこともありますよね。

「こんなときiPhone があればなぁ」と思いませんか?

でも、万が一、水没させたら最後!
Appleの無料サポートの対象からも外れてしまうので、莫大な修理代金を支払わなければなりません。

「水没させなければ大丈夫」と思うかもしれませんが、実はそれも危険なんです。

浴室内は湯気や水蒸気が充満しています。
これがiPhone の中に入り込み、やがて結露して水滴になると、回路をショートさせることがあるのです。
浴室から脱衣所へ出た時など、気温が急激に変わったあとで起こる現象ですから、本人も原因が思い当たらない…という場合もありますね。

また、iPhone に装着されている水没シールがこれらに反応してしまうと、たとえ水没させていなくても保証適用外となってしまいます。

ですから、無防備にiPhoneを水場に持ち込むことは危険なのです。

こんなときに“ジップロック”

いちばん安心なのは“防水ケース”を利用することですが、そんなに頻繁に使うわけではないのに、しっかりしたケースは意外と高価なもの。

だからと言って、安価なものは頼りなく思えますし、料理で利用する“チャック付きのビニール袋”と大差なく見えませんか?

だったら、それを使っちゃいましょう!

“チャック付きのビニール袋”は数多く販売されていますが、その中でも代表格の「旭化成“ジップロック”フリーザーパック」なら、厚手な上に2種類のジッパーを採用していて頑丈です。

iPhone をジップロックに入れておけば、お風呂やプールの水濡れや結露も安心ですが、他にも、運動時の汗からiPhone を守れますし、海なら海水だけでなく砂の侵入も防ぐことができますよ。

「液体を入れてもこぼれない」と主婦に人気のジップロックですが、もちろん万能ではありません。使用時は自己責任になりますので、ご注意くださいね。

ジップロックの使い方

ジップロックにはいくつか種類がありますが、冷凍用の“フリーザーパック”を用意しましょう。

iPhoneは小さいので、ジップロックも小さめを選ぶと、もたつきがなく使いやすいですよ。

それでは、手順を説明しましょう。

  • iPhone、ジップロック(小)、ストロー(細めのもの)を用意します。
  • ジップロックにiPhoneを入れ、空気を抜きながら数センチ残してチャックします。
  • 空いている部分にストローを差し込みます。このとき、ジップロックを傷つけないように気をつけましょう。
  • ストローを口にくわえ、中に残っている空気を吸い出します。
  • ストローを抜いて、素早くチャックをし、完全に密封状態になったことを確認します。

簡単ですね!

ポイントは、ストローを使って空気を吸い出すこと。
これによって、ジップロック内の空気量が減るので、結露防止につながります。
ただし、間違ってもジップロック内に空気を吐き出さないようにしてくださいね。

“ジップロック”の使用感

新品のジップロックなら、ほとんど違和感はありません。

タッチやスワイプといった操作も、フリック入力も、ジップロックの上から問題なく行うことができます。

ただし、キーボード入力は正確にキーにタッチすることが難しいです。
また、素早い操作が求められるようなゲームでは、もどかしさを感じるかもしれません。

ネットサーフィンやフリック入力でのメール・チャットに利用するのが良いでしょう。

“ジップロック”の耐久性

先ほど、“新品なら操作性にさほど問題ない”と書きました。

…というのも、何度か使用すると、ジップロックの表面にしわが寄ってきてiPhoneの反応が悪くなり、透明性も低下して見にくくなってくるのです。

また、開け閉めの繰り返しによって、ジップロックのチャック部分が弱り、密閉性が悪くなってきます。

こうなったら、湯気や水の侵入は防げません。
使い回しは程々にして、問題が生じる前に新品のジップロックに交換しましょう。

より安全な対策

操作性は悪くなるのですが、ジップロックを二重にすると、安全性がより高まります。

ゲームや文字入力には適していると言えませんが、短時間の水中撮影などにはいい方法かもしれません。
実際、この方法を用いてYouTubeに動画をアップしている人もいます。

自己責任にはなりますが、防水対策の1つとしてジップロックを利用するのは安価で効果的な方法です。

ジップロックは水没のリスクを軽減するのはもちろんですが、汗や雨による水濡れ、砂などの汚れからもiPhoneを守り、故障防止に役立つことでしょう。

様々な安全対策としても使える“ジップロック”。
かさばらないので、外出時に1枚忍ばせておくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA