知って得する!iPhoneバッテリーの裏技

朝はフル充電だったのに、あっという間に電池切れ…。肝心な時に使えないという経験、ありませんか?

でも、電池消耗の速さには、iPhone の設定が関係しているかもしれません。

ここでは、iPhone の消費電力を抑える方法や、「低電力モード」の利用法について、詳しくお伝えします。
いざというときの急速充電法も紹介しますよ。

はじめに

購入時の初期設定のまま、iPhoneを使い続けていませんか?

iPhoneは何をするにもバッテリー(電池)を消耗します。
例えば、画面の明るさや音の大きさなども、少なからずバッテリーに影響を与えているわけです。

また、このような見た目の消費とは別に、iPhoneはバックグラウンドでもバッテリーを消費しています。

バックグラウンドとは、アプリを使用していないときに行われる動作のことで、例えば、アプリの自動更新、メールの受信などの通信関連のことです。

そして、これに費やされるバッテリーは結構な量になります。
バックグラウンドの通信を許可していれば、Wi-FiやLTEにつながらない場所でも、アプリは電波を探し回って通信しようとするからです。

逆を言うと、こういった消費を抑えれば、iPhoneのバッテリー消費量を少なくすることができるわけですね。

消費電力を抑える設定

では、具体的な方法を見ていきましょう。

画面の明るさ

画面が明るければ明るいほど、バッテリーを消費します。どのアプリを使うときにも関係しますので、差し障りない程度まで暗くしておきましょう。

「設定」→「画面表示と明るさ」→“スライドバー”で調整。

iTunesとAppストアの自動ダウンロードをオフ

自動ダウンロードが有効になっていると、AppストアやiBooksストア、iTunesから購入したアプリが自動的にアップデートされます。
利用していないアプリで頻繁に行われていることもあるので、アプリごとに手動で対応しましょう。
アップデートが可能なアプリは、Appストアなどに通知されますので、必要なものだけWi-Fiなどの環境が整った場所にいるときにダウンロードすると良いですね。

「設定」 → 「iTunes & App Store」 → 「自動ダウンロード」をオフ

Appのバックグラウンド更新を個別設定

オンになっているアプリは、バックグラウンド(使用中以外)での更新が行われるので、通信量が増えてしまいます。
アプリごとにオン・オフの設定をして、バックグラウンドでの更新を制限しましょう。

「設定」 → 「一般」 → 「Appのバックグランド更新」オン 
→ アプリごとにオン・オフ
※ 「メッセージ」「メール」「LINE」などのメッセージング機能を持つアプリをオフにしてしまうと、アプリを開かないとメールを取得しないので、気をつけましょう。

Wi-Fiをオフ

Wi-Fiが使えない環境でもオンのままだと、iPhoneはWi-Fiを探し続けるのでバッテリーを消耗します。利用できない場所に長時間いるときはオフにしましょう。
「設定」→「Wi-Fi」→オフ

位置情報サービスを個別設定

アプリによってはGPSによる位置情報を利用していますが、非常にバッテリーを消耗する機能でもあります。
位置情報サービスは本当に必要なものだけにし、アプリごとに使用時だけ利用する設定に変更しておきましょう。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」オフ → アプリごとにオン・オフ

使っていないアプリの終了

立ち上げたアプリは、ホームボタンを押しても常にバックグラウンドで動き続けます。使い終わったらきちんと“終了”させましょう。

ホーム画面で“ホームボタン”を二度押し → 終了したいアプリを上へスワイプ

低電力モードの利用

iOS9から導入された「低電力モード」を使用すると、自動的にバッテリーを節約する事ができます。

これは、消費電力が大きい一部の機能を停止して、充電されるまでの消費量を極力抑えてくれるというものです。
Appleの公式サイトによると、「低電力モード」の利用で1時間も長持ちする、となっています。

有り難いことに、バッテリー残量が20%・10%になった時点で「低電力モード」へ切り替えるかどうかを自動的にダイアログで知らせてくれます。
利用したければ“オン”をタップするだけでOKですよ。

ただし、「低電力モード」では次の機能が停止するので、気をつけましょう。

  • メールの取得
  • アプリのバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • 一部のビジュアルエフェクトを減らすかオフする

もし、手動で「低電力モード」に切り替えたいときは、
「設定」 → 「バッテリー」 → “低電力モード”をオン
にします。

ちなみに、「低電力モード」をオンのまま充電すると、充電量が80%を越えた時点で自動的に解除されます。

ただし、使用中のアプリは通常と同じようにバッテリーを消費します。
気をつけましょう。

急速充電の方法

出かける前に充電していないことに気付いた…ということもありますね。
そんな時に少しでも早く充電できる裏技を紹介しましょう。

「機内モード」または「電源オフ」で充電

充電を早めるには、充電中のバッテリー消費を減らすことが近道です。
なぜなら、iPhoneは常に通信しているので、アプリを使っていなくてもバッテリーを消耗するからです。

そこで、「機内モード」をオンにしたり電源を切ったりして、通信できない状態に切り替えて充電すると、時間を短縮することができます。

iPad用を利用

もし、iPadも所有しているなら、iPad用の充電器と充電ケーブルを使用しましょう。

iPadのバッテリーはiPhoneより容量が大きいため、充電器の電気容量も大きく、電気が早く流れるようにケーブルも太く設計されています。
このため、iPad用の充電器やケーブルを使うことで、iPhone用を利用したときよりも早く充電できるのです。

壁のコンセントを使用

充電時にパソコンを経由したり延長コードを利用したりする人も多いと思いますが、中継すればするほど電流は弱まり、時間もかかります。
壁のコンセントから直接電源を取るのがいちばんです。

初期設定化から個別に設定しなおすのは、面倒かもしれません。
でも、一度設定してしまえば電池消耗の煩わしさから解放されます。
時間がある時に、まとめて設定しなおしてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA