androidからiPhoneへ機種変更を検討している方必見です!

そろそろ機種変更しようと思っている方で、iPhoneにしようか悩まれている方も多いでしょう。
そんな方に向けて、iPhoneについていくつかご紹介します。

使い方ががらりと変わるってホント?

本当です。今まで使っているandroidの操作方法からはがらりと変わってしまいます。
しかし、どちらかといえばandroidの方が操作が難しいものになっています。
自分好みにカスタマイズできるようになっているので、ある程度の知識がある人にとってはAndroidの方が使い勝手がいい、と思うでしょうが、使いきれずにいる人にとってはiPhoneのほうが使いやすいのです。
まずボタンが一つしかありません。androidだと三つのボタンがあるのが通常ですが、それが一つしかないのですから、簡単に操作できるようになるのです。
慣れるまで、覚えるまでは確かに大変かもしれませんが、一度iPhoneに慣れてしまうと、もうそれ以外は考えられなくなってしまう人もいるほどです。
次に画面上がカスタマイズができないようになっています。
ある程度のことはできますが、それでもAndroidよりも制限されています。できることが少ない、ということは何もいじらなくていいということなのです。
ホーム画面の操作で困ったこと、戸惑ったことがある人にとってこれは大きなメリットになるのではないでしょうか。

防水機能がないのはちょっと…

iPhoneには防水機能がないのは有名ですよね。
しかし、androidと違いiPhoneにはつなぎ目がほとんどないので、ちょっとやそっとの水では壊れません。
さすがに海水浴場やスキー場では壊れてしまう可能性が高くなりますが、防水の入れ物が沢山あります。
可愛いのからかっこいいものまで、様々なデザインのものがあるので、どうしてもそういった場所に持っていきたい!という方はそれらを活用するとよいでしょう。

iPhoneならケース選びに困らない!

機種変更をしてまず悩むのが、保護フィルムやケースを探しても自分が持っているもの専用のものがなかなか見つからないことだと思います。
特に、最新モデルではなく少し前のモデルのものを買った人に多いのではないでしょうか。
その点、iPhoneは全国各地で売られているものですから、アクセサリー類は豊富にあります。
街の雑貨屋さんはもちろん、ひとたびネットで検索してみると実にたくさんの種類のケースが売られています。
海外へ旅行に行っても、現地の伝統工芸品で作られたiPhoneケースが売られていた、という話があるくらい、iPhoneはケースに困らないのです。

iPhoneはカメラの性能が違う

スマートフォンのカメラの画素数が数年前より格段に大きくなり、今ではデジタルカメラがわりに使っている人がほとんどです。
純粋なカメラの画素数でいうとSonyが出しているandroidスマートフォンのほうが画素数が高く(2300万画素)、iPhoneは劣ります(1200万画素)。
しかし、iPhoneの強みは光を集めるのがうまい、ということです。つまり、陰影がはっきりと映し出されるのでとてもきれいに写真を撮ることができます。
ぜひ店頭にあるiPhoneの画像フォルダをのぞいてみてください。そこには綺麗な写真が沢山ならんでいるでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA