androidからiPhoneへ機種変更を検討している方必見です!

そろそろ機種変更しようと思っている方で、iPhoneにしようか悩まれている方も多いでしょう。
そんな方に向けて、iPhoneについていくつかご紹介します。

使い方ががらりと変わるってホント?

本当です。今まで使っているandroidの操作方法からはがらりと変わってしまいます。
しかし、どちらかといえばandroidの方が操作が難しいものになっています。
自分好みにカスタマイズできるようになっているので、ある程度の知識がある人にとってはAndroidの方が使い勝手がいい、と思うでしょうが、使いきれずにいる人にとってはiPhoneのほうが使いやすいのです。
まずボタンが一つしかありません。androidだと三つのボタンがあるのが通常ですが、それが一つしかないのですから、簡単に操作できるようになるのです。
慣れるまで、覚えるまでは確かに大変かもしれませんが、一度iPhoneに慣れてしまうと、もうそれ以外は考えられなくなってしまう人もいるほどです。
次に画面上がカスタマイズができないようになっています。
ある程度のことはできますが、それでもAndroidよりも制限されています。できることが少ない、ということは何もいじらなくていいということなのです。
ホーム画面の操作で困ったこと、戸惑ったことがある人にとってこれは大きなメリットになるのではないでしょうか。

防水機能がないのはちょっと…

iPhoneには防水機能がないのは有名ですよね。
しかし、androidと違いiPhoneにはつなぎ目がほとんどないので、ちょっとやそっとの水では壊れません。
さすがに海水浴場やスキー場では壊れてしまう可能性が高くなりますが、防水の入れ物が沢山あります。
可愛いのからかっこいいものまで、様々なデザインのものがあるので、どうしてもそういった場所に持っていきたい!という方はそれらを活用するとよいでしょう。

iPhoneならケース選びに困らない!

機種変更をしてまず悩むのが、保護フィルムやケースを探しても自分が持っているもの専用のものがなかなか見つからないことだと思います。
特に、最新モデルではなく少し前のモデルのものを買った人に多いのではないでしょうか。
その点、iPhoneは全国各地で売られているものですから、アクセサリー類は豊富にあります。
街の雑貨屋さんはもちろん、ひとたびネットで検索してみると実にたくさんの種類のケースが売られています。
海外へ旅行に行っても、現地の伝統工芸品で作られたiPhoneケースが売られていた、という話があるくらい、iPhoneはケースに困らないのです。

iPhoneはカメラの性能が違う

スマートフォンのカメラの画素数が数年前より格段に大きくなり、今ではデジタルカメラがわりに使っている人がほとんどです。
純粋なカメラの画素数でいうとSonyが出しているandroidスマートフォンのほうが画素数が高く(2300万画素)、iPhoneは劣ります(1200万画素)。
しかし、iPhoneの強みは光を集めるのがうまい、ということです。つまり、陰影がはっきりと映し出されるのでとてもきれいに写真を撮ることができます。
ぜひ店頭にあるiPhoneの画像フォルダをのぞいてみてください。そこには綺麗な写真が沢山ならんでいるでしょうから。

生産性が高くなりそうなiPhoneの使い方

iPhoneの使い方を工夫することで、今よりも生産性を高くすることができるはずです。
今回は、色々調べた結果辿り着いた自分なりのiPhoneの使い方をご紹介したいと思います。

iphoneの特徴とは?

iphoneは、他のスマートフォンに比べ設定や使い方も簡単で
スマートフォン初心者の方にも非常に分かりやすい端末となっています。
また、簡単なことに加えてホーム画面も見やすく、文字をかなり大きくしたりすることができるので、
お年寄りの方も使いやすいスマートフォンとなっています。

おすすめの機能は?

おすすめの機能ですが、おやすみモードといい、
寝る前にこの機能をONにすることで通知や着信など
寝ているときに必要ないお知らせ音を選んで止めることができます。
手動で設定もできますが、時間設定も可能なので忙しい人なども自動的にON/OFFすることができます。
着信のみをONにしたり電話帳に登録してる人からの着信のみONにするなどユーザーに合った活用方法が可能です。
もちろん、OFFに設定しているものも、音が鳴らないだけであって、起きて画面を見れば通知や着信があったことは分かるので、安心です。

さらに、iOSというのがiphone端末のバージョンとなっており、
最新のiOSでは、画面のブルーライトを半減する機能も付いたため、
目に優しく利用できます。特に寝る前に機能をONにしてブルーライトを半減しておくことで、睡眠の質も保てます。
こちらも時間設定が可能な機能となっています。

Siriを使い倒す

iPhone4Sから搭載されたSiri。今や音声認識能力はかなりのもので、ほとんど正確に言葉を聞き取ってくれます。
いちいち指でタップしてタイマーを設定したりするより、Siriに「タイマー3分」と言ったほうが早いです。
天気もSiriに聞けばすぐ教えてくれます。調べ物もSiriが調べてくれます。
iPhoneの機能を使う時は、Siriを経由して使用しましょう。
これはちょっとした効率化かもしれませんが、小さな効率化の積み重ねが、他人との大きな差を生むことになるはずです。
iPhone6s/6s Plusでは充電中じゃなくてもHey Siriをオンにしておけばいつでも「Hey Siri」で呼び出せます。
持ち主の声を判別出来るようなので、他人に勝手に使われる心配も無さそうです。
今後もSiriはどんどん便利になっていくことが予想されます。
Siriを使いこなせるか否かで他人と差がつくことになるかもしれません。

GoogleカレンダーをiPhoneでも使えるようにする

単純にiPhone版のGoogleカレンダーアプリをインストールすればOK。
Googleカレンダーをインストールしておけば、予定の時刻の数分前にiPhoneに通知されるようにできます。
iPhoneが、ちょっとした秘書のようなものになるのです。
GoogleカレンダーとiPhoneを同期させれば、無駄な行動を抑えられるかもしれません。

SmartNewsでオフラインでも情報収集する

SmartNewsはニュースアプリで、色んなジャンルのニュースが読めます。
このアプリは定期的に情報を一気にダウンロードするため、オフラインでもニュースを読むことが出来ます。
地下鉄等で移動中かつ圏外の場合は、SmartNewsで情報収集に勤しむ事で、無駄な時間を過ごさずに住みます。

IFTTTでiPhoneの標準アプリとWebサービスを連携させる

IFTTTは「もし??なら??する」という感じでWebサービス同士を連携させるWebサービスです。
IFTTTを使えば、iPhoneに標準搭載されているアプリとWebサービスを連携させることが出来ます。
例えば、リマインダーを通してGoogleカレンダーにイベントを作成したり、
写真をEvernoteに送信したり等。
ちょっとした作業の自動化に役立ちます。
雨が降ってきたらメールを送信する、なんてことも出来ます。
IFTTTはWebサービスですが、iPhoneアプリ版もあります。

おすすめなのは機能だけではない!

SNSなどでもiphoneを使ってる人が多く、
iphoneでしか使えない可愛い絵文字がたくさんある点もおすすめです。
上記の他にもなんといっても一番おすすめな点は、
ゲームなどのアプリがとてもなめらかに動く点です。
他のスマートフォンではよくあるうまく動かない、固まるということがほぼありません。
スマートフォンには無料で豊富なゲームや便利なアプリなどがありますので、
また、iphoneは他のスマートフォンよりもケースや周辺機器の種類も豊富なので、
おしゃれに使いたい、ケースは他の人と被りたくない、といった見た目を重視される方にもおすすめです。

利用の上での注意点は?

どのスマートフォンにも言えることですが、スマートフォンを使うということにはもちろん注意点があります。
iphoneにも、他のスマートフォンと同じように位置情報などの便利な機能があります。
SNSなどを利用する上で自分の住んでる場所がばれたくない場合などには、表示しない設定にすることなどが必要です。
だからといって危険というわけではなく、利用している上できちんと注意事項や設定を見直していれば、安心して使えます。
また、なにかあった場合も、iphoneの製造元であるappleに相談することも可能で、とってもサポートが充実しているので、その点も安心です。
注意点を守ってiphoneの色々な便利機能を活用しましょう。

おわりに

現在のSiriはかなり賢くなっていると思います。曲を聴かせればそれがどんな曲かを探し当ててくれます。
Google検索を通せばSiriは電車の乗換案内も検索出来ます。iPhoneは使い方次第では効率化を助けてくれるツールとなります。
普段はメールやLINEくらいにしか使わないという方は、上記を実践してみると今よりも生産性の高い生活を送れるようになるかもしれません。

iPhoneの機能の良さや使い方について

iPhoneの基本について

まずは、iPhoneの基本についてになります。

iPhoneはスマートフォンの種類の中のひとつです。

アメリカのアップル社が本体の製造管理、中のOS(コンピューターの基本システム)、

アプリの審査などのすべてを管理しています。

そのため、他のスマートフォン、特にアンドロイドとはそこが大きな違いになりますし、

最大のメリットでもあります。

そのため、コンピューターウイルスに汚染されてしまう可能性も非常に低くなっています。

ウイルスバスターなどの基本のウイルス対策のアプリのダウンロードも必要ありません。

iPhoneのメリット

次にiPhoneのメリットとデメリットについてですが、

メリットに関しては先ほど記載したようにウイルス汚染などの危険性が少ないというところが大きいと思います。

個人的にはこの部分がいちばん重要だと感じています。

その他には、使いやすさシンプル性があるところもいい思います。

アンドロイドスマートフォンのように操作する箇所も少ないですし、

ページの展開などもただ横にスライドするだけでアプリを押して操作するだけという非常にシンプルな操作性で初めてスマホを持つ方にもオススメです。

余計な機能が少ないというのもいいところだと思います。

まず、初めにiPhoneを私自身が使っているのですが、そこで自分なりに感じたメリットから記載します。

メリットのひとつめはなんといっても本体の不具合の少なさです。

私は今までiPhone4sから今のiPhone6まで3台のiPhoneを使用してきましたが、

これといって不具合というものが起きたことはありません。

スマートフォンというと電源落ちやフリーズして画面が固まったり、

アプリを開いていても急に画面が最初の画面に戻ってしまったりなど、

このような不具合が起きると聞いたこともあるかもしれませんが、

特にこれといって自分が使ってきたiPhoneの中では起きたことはありません。

次にセキュリティ面の充実があると思います。

iPhoneはなんといっても有名なアップル社の製品であり、

本体の製造管理であったりアプリの審査などウイルスの侵入を防ぐ可能性を高めるために、

すべて一元管理をアップル社によってされているところがいいと思います。

こちらに関しても今までウイルスの危険性を感じたこともありません。

アンドロイドのスマホになるとその点は心配がありますので、自分でセキュリティ対策をしなければなりませんし、

セキュリティのアプリも有料のものになったりする場合もあるため余計な費用が発生してしまうことにもなります。

iPhoneのデメリット

まず、本体の故障が起きた際の修理対応が携帯ショップで受け付けてもらえないことです。

特にiPhoneは画面が割れやすい気がするのですが、そのような外的な破損もすべてショップでは受付してくれません。

その地域ごとにあるアップル社の正規プロバイダサービス店に持ち込んで修理や交換の対応をしてもらう必要があります。

自分が住んでいる地域によってはその正規店がかなり遠かったりしてしまうこともあります。

携帯ショップであれば、地域ごとに細かい割合でショップがあるので、そんなに場所を探すのに苦労することもないと思います。

その正規店でもかなり時間を待たされたりひどい場合には後日の再来店を誘導されることもあります。

やはり、店舗が少ないために来店されるお客様が集中してしまうことでそのような対応をされてしまうことになるのだと思います。

あとは、余談ですが店員の対応がかなり上から目線に感じることがあります。

元はアメリカのアップル社が企画開発、製造をしているため日本人向けではないというところがあると思います。

日本人が好きでよく使うテレビ、ワンセグやおサイフケータイ、防水機能などはどれも搭載されていません。

男性の方で外のお仕事をされている方で防水機能を重視される方も多いですが、

その方については迷わずアンドロイドになると思います。

あとは、修理の対応が不便というところもあると思います。

アンドロイドは携帯キャリアのショップで修理の受付もしてもらえますし、

保証も加入していれば適用させて安く修理してもらえることもあります。

iPhoneについては、基本携帯キャリアショップでは修理の受付がいっさいしてもらえないため、

アップルの正規代理店まで持ち込まなければいけません。

しかも、その正規代理店というのは各都道府県1箇所ぐらいで、

そこまで持ち込まなければいけずお住まいによってはかなりの距離がある場合もあります。

最近は非正規代理店のiPhone修理店舗が増えてきていますが、

そこではアップルの保証サービスや携帯キャリアの保証もいっさい受けれなくなってしまうたま、

あまりオススメはできません。