iCloudの使い方

iPhoneに標準搭載されている“iCloud”。
いつでもどこでも同期できる便利なものですが、それだけではありません。

ここでは、「iCloudで何ができるの?」といった疑問や設定方法などの基本や注意すべき点について詳しくお伝えします。

何となくiCloudを利用しているという人も必見ですよ!

iCloudとは?

“クラウド”とはコンピューターの利用方法の1つで、パソコンなどにあるデータをパソコン本体やUSBメモリなどではなく、インターネット上に保存するサービスのことです。

『iCloud』はApple社が提供するクラウドサービスで、簡単にいうと、iPhoneやiPad、パソコンにあるデータをインターネット上のApple社のサーバに保存できるようになります。

iCloudを利用すると、そこに接続できる他の端末からもアクセスできるので、ケーブルでつないだり、USBメモリを挿入したりすることなく、データの共有ができるわけです。

とても役立つ機能なのに無料ですので、ぜひ利用したいですね!

こんなメリットがある!

では、データの共有などができると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
iCloudでは大きく4つのメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

同期できる

「同期」というと、iPhoneとパソコンをケーブルでつなぎ、iTunesを使用して行う方法をイメージする人も多いと思いますが、iCloudを利用すると、インターネットが利用できるところなら、その場で同期できるというメリットがあります。

例えば、外出中にiPhoneのカレンダーに予定を書き込むと、離れた場所にある自分のパソコンのカレンダーにも同時に予定が書きこまれる…という具合です。

データは共通の Apple ID で iCloud を使っている iPhone・iPad やパソコンと同期できます。

同期できるデータは、

  • カレンダー
  • 連絡先
  • リマインダー
  • メモ
  • Safari に登録済の「ブックマーク」

です。

スケジュール管理に必要なデータが複数のデバイスで一元管理できるのは有り難いですね。

なお、写真・画像などについては次項をご覧ください。

自動バックアップができる

これもiTunesで行えますが、iCloudを利用すると自動で行ってくれるので、突然の故障時にもデータが保存できているというメリットがあります。

iCloudで自動バックアップできるのは、

  • 設定
  • カメラロール内の写真・ビデオ
  • アプリのデータとホーム画面での配置
  • メッセージ
  • 着信音、ビジュアルボイスメール
  • Appleから購入した音楽・映画・動画・ブックなど

です。

ただし、iTunesでのバックアップで可能な通話履歴やキーチェーン(パスワード)などはiCloudではできませんのでご注意ください。

iCloudメールが利用できる

iCloud を使い始めると「○○○@icloud.com」で終わるメールアドレスが取得できます。

iPhoneではもちろん、専用ページにアクセスすることで Gmail のようにパソコンからもメールを作成し送受信できるのが便利です。

SMS、MMSなどの「メッセージ」や@i.softbank.jpなどのアドレスと使い分けることもできますね。

iPhoneを探すことができる

これは、 iPhoneの紛失時にその位置をネット上で確認できる機能です。

さらに、専用アプリを使用して、iPhone のロック・メッセージ送信・サウンド再生ができるほか、iPhone の初期化も行えるので、個人情報漏えいのリスクを減らせます。

なお、初期化してもApple ID を入力しなければ iPhone が使えないので、盗難・転売の防止にもなりますよ。

このように、iCloudを利用していると、定期的に自動で主要なデータを保存したり、初期化などの遠隔操作ができたりするので、故障や紛失など、万が一の事態のためにも設定しておくと良いでしょう。

設定の方法

iCloudを利用するには、“iPhone”の設定、パソコンでも利用したいなら“iPhone”と“パソコン”の両方の設定が必要です。

iPhoneの設定

  1. 設定アプリを開き、「iCloud」をタップします。
  2. iTunes、Apple Storeで使っているApple IDとパスワードを入力するとサインインができます。
  3. 自分が必要だと思う「メール」「カレンダー」などの機能をオンに切り替えればOKです。

パソコンの設定

  1. iCloud,comにアクセスします。
  2. 「Apple ID」と「パスワード」を入力してログインすればOKです。

簡単ですね!
一度設定してしまえば、自動的にバックアップなどが行われるので、手間いらずですよ。

注意

iCloudのバックアップはWi-Fiでないと実行できません。
必ずWi-Fiをオンにしておきましょう。

また、iCloudでバックアップされるデータ量には制限があり、無料で使えるのは5GBまでです。

5GBを超えそうな場合は、設定の iCloud をタップし、「容量」から「ストレージを管理」を開いて、どのアプリが容量を多く使っているか確認しましょう。重要度が低いなら、バックアップ対象から外しておくといいですね。

ただし、パソコンを利用せずにデータの保存先がiCloudだけという場合は、バックアップの対象アプリが増え、アッという間に5GBを超えてしまいます。
この場合は、iCloudを月130円で50GBにアップグレードすることもできます。自分に合った管理方法を選ぶようにしましょう。

容量が足りないとバックアップできない状態になりますので、気をつけてくださいね。

また、Apple IDとパスワードは他人にわからないものにしましょう。生年月日や電話番号はもちろん、複数のサイトで同じものを使いまわすのも危険です。

最悪の場合、個人的なメールや写真、予定などが第三者に知られてしまい、芸能人の写真流出のような事態にもなりかねません。

絶対に悪用されないように、アルファベットの大文字や小文字を混ぜたりして複雑化することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA